柴犬 ムダ吠え 止める

柴犬のムダ吠えを止めるには 【柴犬の正しい飼い方としつけ方】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ムダ吠えを止めるには

 

お客さんが来ると吠えて迎え、ソファーに座ったら座ったで、また吠えるようなムダ吠えは、「来客」という刺激によって引き起こされたものです。

 

一方、これといった原因に思い当たらないのに、長々と吠える柴犬がいます。そんな柴犬は、たいてい庭でひとりぼっちです。家族からとり残され、放っておかれているから寂しいのです。それで、吠えて心情を訴えます。パートナーのほうは、しつこく吠えるものだから姿を見せ、「やめなさい」と叱ります。ところが、叱ったと思うのは人間だけです。柴犬にとっては声をかけてもらったことがごほうびになり、叱責とは受けとりません。パートナーに、構ってもらえた。これが柴犬にとっての報酬になっているのです。

 

極端な場合、叩くことさえ、ごはうびになり得るのです。人との接触に柴犬が非常に飢えていれば、いつまでも吠え続けるのです。腹を立てたパートナーは、「いい加減にしろ!」と手で叩きます。柴犬はようやく、人にふれ合えたのです。叩かれるという形であるにせよ、愛情に飢えている柴犬にはスキンシップのごほうびになるのです。

 

このようなムダ吠えは、癖になりやすいです。吠えれば、いつかは人が現れ、声をかけてもらえるのですから。柴犬は、しじゅう鳴きわめくことになります。これを改善するには、庭に鎖でつなぎっぱなしにしないことです。室内に上げ、よく語りかけ、犬と一緒に遊ぶことです。パートナーの愛情を確認すれば、吠え癖はしだいに直ります。

 

ショツクーカラーは有効か?

 

人とのコミュニケーションが不足しているわけでもないのに、ムダ吠えがひどい場合は、どうするのがいいのでしょうか。

 

パートナーのなかには、よかれと思ってショック・カラーを利用する人がいるかもしれません。ショック・カラーとは、電気ショック首輪のことです。首輪の内側に爪がついていて、電気を流せば、犬の首にショックが加わるというものです。リモコン操作ができるものや、犬が吠えると自動的にセンサーが反応してショックを与えるものがあります。後者は、お勧めできません。性能が悪いものなら、軽いせきでも作動してしまうからです。

 

リモコン操作で行なうショック・カラーは、ある意味では利点もあります。まず、問題行動を起こした柴犬に与える罰は、パートナーとの関連性を持たせないことが原則です。その罰を加えた張本人が自分と一緒に暮らしている人だ、と犬がわかれば、当然、両者の信頼関係は損なわれることになります。柴犬は、人に不信感を抱くようになるのです。

 

その点、遠隔操作のショック・カラーは、人間との関連性を打ち消します。また、吠えた瞬間にスイッチを押せば、柴犬は自分の行動(吠えること)と罰(電気ショック)を結びつけて考えます。吠えれば、痛い。だから、吠えるのをやめようと認識するのです。

 

そんなメリットがあり、効果的なものだからこそ、使うときには気をつけなければなりません。やり方を間違えれば、柴犬はノイローゼになるからです。車が通るたびに、吠えるとします。人もそのつど電気を流せば、そのショックで柴犬は鳴き叫びます。頻繁な電気ショック攻撃のおかけで、柴犬がノイローゼにかかったところで不思議ではありません。ショック・カラーは長期間、使うべきものではありません。

 

また、利用する際は、獣医師の指導を受けることが重要です。安易にショック・カラーに頼っていると、悪循環をくり返すことになります。ムダ吠えを始めた瞬間に、作動させる。痛いから。柴犬はまた鳴きます。鳴くと同時に、電気ショックを与える。柴犬はますます苦痛に感じて、再び鳴きます。これでは、ショック・カラーが原因にとって逆こムダ次えを増やしているようなものです。ただちに、使用を中止しましょう。このようになると、それは柴犬を虐待する行為にほかならなくなります。

 

声帯除去は有効か?

 

柴犬の声帯除去手術は、有効だとはいいきれません。手術で犬の声帯を切除しても、ムダ吠えの頻度が減るわけではないし、声が出ないようになるわけでもないのです。

 

吠え声はかすれ、せきをしたような声になるのです。それに、その後、声帯は再生することもあり、手術をした意味が失われてしまうからです。

 

なぜ我が家の愛犬が良い子になれたのか


ハッキリ言って、我が家の柴犬も初めはどうしようもない「ダメ犬」でした。


人や他の犬に唸るし、吠えるし、トイレは覚えないし、色んな物を破壊しまくるし、ドッグランに行けば「何だよ、柴犬来るなよ」的な感じがヒシヒシと伝わってくるほどでした。


そんな「ダメ犬」が、みんなから「柴犬なのになんて賢いんだ!」とまで言われるようになりました。結局、お利口な犬になるかならないかは犬の問題ではなく、しつけの仕方の問題なんですよね。


そのしつけのやり方を学んだのが「森田誠」さんのDVDでした。「森田誠」さんの公式サイトの動画を見るとわかるんですが、「我が家の柴犬以上のダメ犬」までもがお利口になってるんですよね。


愛犬の問題行動を何とかしたい、今以上に愛犬と豊かな生活を送りたいという人にオススメのしつけ法です!


どんなダメ犬でも劇的にいい子になる方法


「森田誠」の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

しつけ方は最高のプロを真似るのが一番です
  • TVチャンピオン2「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した「森田誠」さん直伝のしつけ方です。
  • 愛犬の性格や問題行動に合ったしつけ方を学べるので、どんな犬でも良い子に育ちます。
  • 説明もイラストもわかりやすい「しつけマニュアル」
  • DVDでわかりやすく解説してくれるので、誰にでもできます。
  • わからなかったらいつでも質問できるサポート付きです。
  • 訓練学校と比べて格段に費用がかかかりません。






森田さんのしつけ方を徹底検証しました。詳しくはこちら >>




何でも揃う、犬のための通販ショップ


ペット用品通販【ペピー】

愛犬の豊かな生活のためのお店です
  • ドッグフードから介護用品まで何でも揃うワンちゃんのためのお店です。
  • しつけのためのグッズもたくさんあります。
  • 多くの愛犬家が利用しているお店です。
  • 愛犬のためになる情報なども盛りだくさんです。
  • 5,000円(税込)以上の購入で送料無料になります。





必ずおさえておくべき柴犬の飼い方としつけの基本中の基本はこちら >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加